松本まりか”監督”が、エロスを撮る!「全裸監督」内田英治監督最新作は80年代映画制作現場の舞台裏を描く問題作 『雨に叫べば』予告編

松本まりか”監督”が、エロスを撮る!「全裸監督」内田英治監督最新作は80年代映画制作現場の舞台裏を描く問題作 『雨に叫べば』予告編

内田英治監督の最新作、 松本まりか主演の東映・東映ビデオによる新たな映画フォーマットオリジナル配信作品『雨に叫べば 』 が完成、12月 16日よりAmazon Prime Videoにて有料配信が決定。

 同作は、「全裸監督」を世に送り出し、『ミッドナイトスワン』で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した内田英治監督の最新作。

 主演を務めるのは、女優・松本まりか。理想の映画を撮影するために、現場スタッフに揉まれながら様々な困難にぶつかっていく新人監督を熱演。監督の内田英治が脚本も担当し、80年代後半の「実際にあったであろう」映画製作の舞台裏の人間模様を、時にはリアリティをもって、時にはデフォルメした味付けで再現。

 主演の松本扮する花子以外のキャストも個性派ぞろい。アメリカ帰りのキザなプロデューサー井上役に内田映画常連の渋川清彦、常に現場に翻弄される制作プロデューサー橘役に高橋和也、特機部で主演・花子を温かく見守る金子役に濱田岳、芝居や映画に興味のないアイドル俳優・新二役に須賀健太、その新二にライバル心むき出しの若手俳優・和人役に矢本悠馬、ベテラン女優・楓役に大山真絵子、花子と同様、女性差別がある中、現場で奮闘するカメラ助手・よしえ役にモトーラ世理奈。ほか本田博太郎、大和田伸也、菅原大吉、相島一之などベテラン実力派俳優たちがスタッフに扮し、後半に進むに連れて勢いを増す“カオスなドラマ”を彩っていく。ベテランのスタッフに囲まれ、数々のトラブルに見舞われていく中、主人公の女監督・花子は自身の理想とする映画を撮影できるのか?

 解禁された予告編では、美人女監督がエロス映画を撮るという話題先行で抜擢された女監督・花子(松本まりか)を中心とする撮影現場は、まさに悪戦苦闘のオンパレードが描かれる。冒頭から、濡れ場の前張りが見切れて撮り直し。花子が自分のアイデアを伝えると、チーフ助監督(矢柴俊博)からは「ドラえもんじゃねんだよ・・・」「このシーン、欠番となりました!」、脚本家(本田博太郎)からは「話が違う!!」、カメラマン(相島一之)から「謝れ!!」「女には務まんねーんだよ!」などなど、花子のデビュー作の撮影現場はカオスと化し、なにひとつ撮影は進まず、現実の壁にぶち当たります。「殺してやる!!!」という花子の絶叫も、誰もいない撮影所にむなしく響くばかり。

 さらに、主演女優(大山真絵子)が「カラミ、本番でいきたいわ、濡れ場よ」と言い出し、審査委員(大和田伸也)から「有害映画に認定されますよ」と指摘される。一方、アイドル俳優・新二(須賀健太)の「映画って、そんなに凄いの…?」という問いに、若手俳優・和人(矢本悠馬)は「俺にとって、(映画は)全てだよ」と熱く答える。

 最後は、特機部・金子(濱田岳)より「あんたの映画だろ…」「ここには才能なんか関係ねえ。妥協できる奴だけが生き残れるんだ」と諭される花子が、大泣きするシーンも…。はたして新人監督・花子は、この映画を完成させられるのか。

松本まりかカテゴリの最新記事