松坂桃李と 肉食女子で注目の吉岡里帆

松坂桃李と 肉食女子で注目の吉岡里帆

あさが来た』に続き、『ゆとりですがなにか』に出演中の注目女優・吉岡里帆が発売中の『週刊プレイボーイ』21号で表紙&巻頭グラビアに登場!

今年2月から4月までNHKの連続テレビ小説『あさが来た』で主人公・あさの弟子、田村宜(のぶ)役を演じ、女優としての実力を世間に知らしめた彼女だが、現在は宮藤官九郎脚本による話題のドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)にレギュラー出演中だ。

前編記事(「注目の吉岡里帆がグラビアでも清新!『朝ドラに出ていたって誰も信じてくれなくて…』」)に続き、出演中のドラマやラジオ、恋愛感について語ってもらった!

■『あまちゃん』の悔しさ。宮藤作品出演が嬉しい

―そして現在は、宮藤官九郎さんが脚本を手がける『ゆとりですがなにか』に出演中です。こちらはゆとり世代の若者たちを描いたコメディですね。

吉岡 社会派の要素もあるんですけど、かなり面白おかしい作品で。私、宮藤さんが脚本を書かれた『あまちゃん』のオーディションも受けていたんです。だから今回、宮藤さんの作品に出演させていただけるのが本当に嬉しくて。もう毎週、届く台本が待ち遠しいですよ。

―スタッフから演技について何か助言はありましたか?

吉岡 演出の水田伸生(のぶお)さんからは「まじめに演じろ」と。コメディだからって、変に気負わなくていい、宮藤さんの脚本を信じていれば絶対に面白くなるからって。だから、脚本を大事にして、まじめに演じられたらと思ってやっています。

―なるほど。その吉岡さんは今回、教育実習をする女子大生役。しかも典型的なゆとり世代のコなんですよね。

吉岡 そうなんです。挫折を経験したことがないし、怒られることにも慣れてないから、厳しいことを言われるとすぐに泣いたり、不機嫌になったりしちゃう。それでいて何事においてもなんとなくで済ませちゃうというか。結構、面倒くさいコなんですよね。

―なんだか身近にいそうです(笑)。でも吉岡さん自身も同世代でしょ? 共感する部分はあるんじゃないですか?

吉岡 私は父が結構、厳しかったんですよ。だから同世代の中ではハングリー精神も強めだと思うけど、どうかなぁ。近いところはあったかもしれないです。

―意外と打たれ弱いとか?

吉岡 特に昨年はそうでしたね。東京でひとり暮らしを始めたばかりだったのもあるけど、ちょっとキツいことを言われると、すぐ暗くなって落ち込んじゃうし。でもこの数ヵ月間で変わった気がします。

―連ドラに出て、いろんな人に厳しく揉(も)まれたりしたから?

吉岡 あとマネジャーさんからも、「体の根っこから明るいエネルギーが出てないと他人を楽しませたり、あの女優さん見たいなって思ってもらえたりできないよ」って言われて。そうだよなって、意識的に気持ちを切り替えるようになりました。

―ってことは、いわゆる「豆腐メンタル」とは違うと。

吉岡 もう今は違います。鋼(はがね)の心を手に入れました(笑)。

―確かにグラビアを見ても、以前と顔つきが変わって自信にあふれている気がしますね。ちなみに今回のドラマ、松坂桃李(とおり)さんとのラブシーンもあるんでしょ? ファンとしては気がかりです。

吉岡 あははは。ラブシーンといっても、普通の恋愛ドラマとは違いますけどね。松坂さんが演じるのはゆとり世代のイメージそのままで、自分からは行かない草食系タイプの男のコ。私は恋愛に対して自由気ままな肉食系。そんなふたりですから、今からどうなるか自分でも楽しみです(笑)。

―そんな吉岡さん自身も恋愛はやっぱり肉食系ですか?

吉岡 私ですか!? ……うーん、肉食ではないですね。自分の中では、恋愛って簡単に成立するものとは思っていないですからね。

―すぐに夢中にならないと。

吉岡 そうですね。でも心の奥底ですごく共感できた時は、その人を思いきり追いかけます。もっと知りたいって思うので。

吉岡里帆カテゴリの最新記事