✅ 吉岡里帆「グラビア封印」から一転して水着写真集の裏事情

✅  吉岡里帆「グラビア封印」から一転して水着写真集の裏事情

💖 Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UCD2qeixeCmHpaKfWZXNDy1A?sub_confirmation=1
✍   現在、「3年越しの猛反発」で「大相場」の様相を呈しているのが吉岡里帆(27)だ。株価高騰をもたらしたのは、11月5日に発売される彼女の写真集である。   出版関係者が語る。  「今作『里帆採取by Asami Kiyokawa』(集英社)は吉岡にとって2年4カ月ぶりの写真集なのですが、その内容が『想定外のセクシーさ』だとしてファンの間で驚きが広がっているんです」   背景には「グラビア封印」の過去がある。前出・出版関係者によれば、  「雑誌のグラビアで見せる童顔と豊満なセクシーボディのギャップが大当たりし、ブレイクのきっかけをつかんだ吉岡ですが、女優としての仕事が増えるにつれ、水着を出し惜しみするようになりましたからね」   その結果、2年3カ月前の前作の写真集では水着姿はほぼなしに‥‥。   さらには本人の口から「グラビア拒絶発言」まで飛び出した。  「17年10月にウェブ媒体に掲載されたインタビューで彼女は『私は水着姿なんて絶対出したくなかった』と水着グラビアの仕事を真っ向から否定したんです。『まさか嫌々やっていたなんて』『あの水着姿を二度と見られないのか』とデビュー当初からのファンを落胆させました」(前出・出版関係者)   こうして暴落してしまった「吉岡株」だが、ここにきて彼女自身に心変わりが生じたようだ。   グラビア編集者が言う。  「今回の写真集で彼女は前言を撤回。一転して水着での撮影に臨んだんです。上下純白の極小ビキニ姿で河原で寝そべるなど、セクシー露出を完全復活させています。相変わらずの豊満ぶりで、ボディの完成度に関しては『過去最高』との見方も出ています」   こうしてたちまち、猛反発に転じた吉岡株。心変わりの背景について「仕事面の焦りが大きいのでは」とドラマ関係者は見ている。  「現在も日清『どん兵衛』などCMでは存在感を維持していますが、本業の女優業では昨年9月公開の映画『見えない目撃者』(東映)以降、主役クラスのオファーが途絶えている。実際のところ、業界内では彼女が一昨年にヒロインを務めたドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)の視聴率が1桁半ばで低迷してしまったため『数字の取れない女優』と評価を落としてしまったんです。また、浜辺美波(20)、森七菜(19)ら年下女優の台頭も脅威に感じているはず。とりわけ浜辺は『私たちはどう …
https://www.asagei.com/excerpt/161457
💖 #アサヒ芸能

吉岡里帆カテゴリの最新記事