ニュース – 野生児猫娘・青山ひかる、レトロなライブハウスでムードのある撮影「何から何まで映えちゃう」

ニュース –  野生児猫娘・青山ひかる、レトロなライブハウスでムードのある撮影「何から何まで映えちゃう」

タレントの青山ひかるが、6月2日発売の『グラビアザテレビジョン』(KADOKAWA)に登場。レトロなライブハウスで撮影したグラビアを披露している。

【写真】陽光の下の青山ひかる。

青山ひかるは、『有吉反省会』で“お尻が汚いグラビアアイドル”として話題となり、『映画ふたりエッチ』で主演を務め、ゲーム配信番組のMCや「Iカップの野生児猫娘」として雑誌、テレビで活躍。さらにダンスボーカルユニット「Shebet」のメンバーとしても活躍している。

■青山ひかるインタビュー

――グラビアザテレビジョン出演おめでとうございます!

「ありがとうございます!!同じ事務所の何人かで一緒に掲載されているんですが、ゼロイチジャックではないメンバーのなかに青山も出演出来て本当に有難いです。これも、みんながコツコツとアンケートを提出してくれるからだと思います。本当にありがとうございます!これからも是非アンケート送ってください。しかも、今回なしこたそ(桃月なしこ)バージョンとひかりちゃん(黒木ひかり)バージョンの2タイプの表紙。迷ってる方は、どっちも購入することをおすすめします。次回はジャックで本っ当に事務所全員でグラビアザテレビジョンさんにグラビア掲載したいですね!」

――今回のライブハウスでの撮影はいかがでしたか?

「昔からあるライブハウスで、すごくいい意味で年季の入ったレトロな雰囲気のスタジオでした!何から何まで映えちゃう。撮影ではオーナーの方にギターをお借りして、恐る恐るギターを握ってました。他人が楽器触るのって嫌な人は嫌だから!とりあえず、壊さないように!凄く楽しく撮影させていただきました」

――お気に入りのカットは?

「やっぱり水着!あのライブハウスに映えるキラキラのショッキングピンクでマイクのコードを巻き付けて。可愛いジュークボックスもあって完全に陰キャが陽キャっぽく映えてる写真になってると思います!というか、そうなってて欲しいです」

――6月17日発売のヤングジャンプは、史上初、事務所から18名で表紙を飾り、ゼロイチジャック号となるそうですね。

「そうなんです!本当に有難いことにヤンジャンでゼロイチジャックをさせていただきます!グラビアにとっては、目標のひとつであるヤングジャンプ。最近純グラビアが肩身狭い中、表紙などなりにくい感じになってますが諦めずにグラビアをやってきて、自分がヤングジャンプに出演できて!しかも表紙で!本当に嬉しいですね!正直、泣きそうでした嬉しくて。今回もゼロイチジャックができて、そしてジャックのメンバーに選ばれて本当に有難い限りです。事務所総出にはなりませんでしたが、このゼロイチジャック号の反響によって2回目…3回へと繋がると思います!まだまだ出たい子は、たくさんいるはず!なので、繋がるように私も頑張ります。是非、推しを!という方もアンケートよろしくお願い致しますー!」

――最後に一言お願いします!

「いつも応援ありがとうございます!皆さんのおかげで、この歳になっても色んなグラビアができて有難い限りです。本当に。諦めずに、目の前のお仕事を1個1個頑張っていってよかったなー。と改めて思うようになりました。是非、雑誌ひとつでもいいのでアンケートなど推し事をこれからも欠かさずに、応援よろしくお願い致します!」

青山ひかるカテゴリの最新記事