「しわ」・「乾燥肌」の解消法を紹介!

口周りの皮むけ・粉吹きが気になる時の、応急処置と予防ケア

ザラザラになった口周りを人に見られるのが、たまらなく嫌。

わたしは30才を過ぎたあたりから、お口の周りに粉が吹いたり、皮がむけたようになって困っていました。

洗顔した直後にお肌が白くカサカサになったり、ファンデを塗ってお出かけすると必ずといっていいほど、下唇のあたりがカサカサになってイライラしていました・・。

水を塗らしたり、化粧水をさらに入念に浸したりいろいろケアを工夫されている方も多いかもしれません。

「粉吹きする原因・対処法」「皮が向けたときの応急処理はどうする?」

私が調べたり経験してきたことをもとに、気になる疑問にお答えしたいと思います。

1.粉吹き・皮むけの正体は何?

そもそも、「白い粉」のように見えるものって何なのでしょうか?

正体は、お肌が乾燥して”はがれてしまった「角質」”なのです。

私たちのお肌は、「角質」と呼ばれる細胞が積み重なってできています。乾燥すると、お肌の表面にある「角質」が乾いてポロポロとはがれ落ち「粉」のように見えるのです。

では、「皮むけ」はどうなのでしょうか?

乾燥が進んでしまうと、角質のはがれる面積がさらに増えて「皮がむけた」ように見えてしまいます。

2.口周りだけ「粉吹き・皮むけ」する原因

ではどうして、口周りだけ「乾燥」してしまうのでしょうか?

口周りの皮膚は、顔の中でも薄い

顔の中でも皮膚の厚さは違います。一番厚みがあるのは「頬(ほっぺた)」ですが、目の周りや口周りは”皮膚がうすい”のです。

皮膚が薄いと、水分を蓄える「角質層」の厚みも少なくなります。お肌が水分を溜めておく量が少ないので、口元は乾燥しやすいのです。

また、顔からは「皮脂」という油分が出てきます。皮脂は肌に蓄えた水分が逃げないように「フタ」をする働きがありますが、口周りは「皮脂を出す皮脂腺がそもそも少ない」のです。

顔には「Uゾーン」「Tゾーン」があります。言葉は一度は耳にされたことがあるかと思います。

口周りなど「Uゾーン」と呼ばれる場所は、皮脂が少なく乾燥しやすいのです。「常に油分が足りてない」状態をイメージすると、わかりやすいかもしれません。

摩擦による刺激で、水分が逃げやすい

皮膚はわたしたちが思っている以上に、デリケートな場所です。

洗顔で汚れを落としたり、クレンジングでメイクを落とす時に、ゴシゴシこすりすぎていませんか?摩擦が起こるとお肌が身を守ろうと「固く」なります。

固くなったお肌(角質肥厚と言います)は、化粧水などの保湿成分が入りにくくなり乾燥します。

また、化粧水をつける時に、顔をバチンバチン叩くようにつけるのも厳禁です。摩擦と同じく、肌は強い刺激を感じると固くなります。

スキンケアをしっかりしていない

頬の周りやおでこなど、顔のパーツでも面積が広い場所は入念にケアする人は多いです。ところが口の周りや下唇の下などは、「つけているようで、全然ついていない」ことが多いもの。

きちんと化粧水や美容液が塗られていなかったり、クリームなどの保湿成分が行き渡らなかったりしていませんか?今一度、意識してケアしてみましょう。

季節の問題

外気温が低いと、当然お肌は乾燥しやすくなります。乾燥しやすいのは冬だけでなく、春や秋など「風が強い時期」に直接乾いた風が肌にあたることで、乾きやすくなるのです。

紫外線対策が不充分

紫外線ケアを怠ってしまうと、太陽の紫外線がお肌のバリア機能にダメージをあたえてしまいます。

バリア機能が弱くなると、お肌が水分を蓄える力が弱くなるため乾燥しやすくなります。

紫外線は冬以外にも年中降り注いでいます。また、室内にいても窓ガラス越しに入ってくるので外出しない日でも日焼け止めは軽く塗っておきましょう。

室内環境が悪い

・エアコンの効いたオフィス
・加湿器のない寝室
には要注意です。

オフィスでも自宅でも、乾いた空気の中に長時間いるとお肌が乾燥しやすくなります。

特に大事なのが「湿度」です。湿度とは空気中に含まれている水分の割合のことで、湿度が60%以下になるとお肌がカラカラになる危険ゾーンです。

オフィスならミニ加湿器をデスク周りにおく、寝室であれば加湿器を炊いて寝るなどの対策が必要です。

普段の生活で「口に触れる」

・鼻をかむ
・食事で口をふく
・歯磨き粉がついた口をタオルでふく
・マスクをする

何気なく口周りを拭いたり触れたりする時にも、つい力が入ってしまわないように気をつけましょう。

3.外出先で粉が吹いたときの応急処置

それでは、外出先で粉を吹いてしまったら、どうすれば良いのでしょうか?

職場のトイレで、買い物先のトイレで、粉がふいてしまったら・・メイクを一からやり直す余裕なんてありませんよね。

化粧水でシュシュッとうるおしたくなるかもしれませんが、化粧水が乾くと余計に乾燥するのでオススメできません。

粉吹きを抑えるには「リップクリーム」を使いましょう。

「唇じゃないのに、リップ使っていいの?」と思うかもしれませんが、もともとリップは保湿する「油分」がベースになっている「スキンケアの一つ」なのです。

リップクリームの主な成分は「ワセリン」や「オリーブオイル・ホホバオイル」などの油分で作られています。

リップは『唇専用:というイメージがあるかもしれませんが、普通にスキンケアとして使っている保湿成分でできているのです。

口周りの乾燥したところに、ちょんちょんと、上からおさえるように塗っていくのがポイントです。

ベースが「油分」ですので、メイクの上からつけてもお肌になじみやすく、違和感なくケアできます。

皮剥けがひどくて、リップだけだとしっかり収まらない場合は、「リップ+フェイスパウダー」の組み合わせが効果的です。

皮がむけたら、はがしていいの?

皮がむけて、今にも爪で取れそうになってる皮・・とってしまってよいのでしょうか?

皮がむけても、できるだけ爪やピンセットでとるのは止めましょう。

なぜなら、向いた下の皮膚がまだ未熟なままだと、赤みが出てくることがあり、余計に見た目が悪くなってしまうからです。

リップクリームを使って、上からおさえつけるようにして、落ち着かせましょう。

4.粉吹きを防ぐ、6つのケア

粉吹きが起こらないように、事前にケアするにはどうすれば良いのでしょうか?日常生活で、抑えておきたい6つのステップを紹介します。

夜のクレンジング

メイクを落とすときには、クレンジングが必需品ですが、お肌に負担のかからないミルクタイプがオススメです。

もともと口周りは「皮脂不足」ですので、クレンジングの洗浄力が強いと「皮脂」も一緒に流れてしまい乾燥します。

洗うときも、口周りだけはたっぷりつけずに、”薄くつけてサッと流す”ことを意識しましょう。

また、洗い残しが起こらないように気をつけることも大事です。クレンジングが皮膚に長時間触れることで荒れやすくなります。

寝る前の保湿ケア

お風呂上がりは「化粧水で仕上げに乳液」という方が多いかもしれません。

口周りは乾燥しやすいので「口の周りだけ」でもクリームやワセリンを塗るなど保湿強化することをおすすめします。

化粧水も、できるだけ保湿力が高い「しっとり系」のものを使いましょう。使い心地に好みがでるかもしれませんが、しっかりお肌に水分を届けるものが必要です。

~ちなみに~

口元に貼るパックシートもありますが、お肌に水分をあたえても保湿をしないとすぐ乾燥してしまいます。

頬やおでこなどと一緒に化粧水を口周りに塗って、保湿をしっかりするようにしましょう。

また、化粧水を選ぶときは「セラミド」が入ったものを選ぶとさらに良いでしょう。

セラミドというと、スキンケアに入っている成分のイメージが強いかもしれませんが、元々は私たちのお肌にあるものです。

セラミドはお肌の中で「水分を逃がさないように”つかまえる”」働きがあり、加齢と共に失われてしまいます。

セラミドにも種類がありますが、人間と同じ「ヒト型セラミド」が入ったものを選ぶようにしましょう。

朝の洗顔

朝の洗顔も、なんとなくで済ませると「乾燥」を招く恐れがあるので注意しましょう。

・ゴシゴシこすらない
・お湯の温度はぬるめに

の2点がとても大事です。

皮膚は摩擦に弱いため、洗顔料をつけてゴシゴシすると「お肌が硬く」なります。硬いお肌は化粧水の水分を通さなくなるので、”カラカラ肌”の原因になるので注意しましょう。

また、顔にある皮脂は「熱いお湯」にあてると溶けてしまいます。皮脂が溶けると水分が逃げてしまうため、「冷たいとぬるいの中間」くらいの温度で洗顔するのが理想です。

朝のスキンケア

夜の保湿ケア同様、お肌にたっぷりと潤いを与えつつ保湿強化をしましょう。

朝のケアの場合、事前にコットンに化粧水を浸し、口周りに10秒ほどあてて水分を押し込むようにすると、乾燥予防になります。

そのあとは、顔全体にまんべんなく化粧水を使い、乳液やクリームで保湿して仕上げです。

口周りの、粉吹きケアができるスキンケア >>

朝のメイク

仕上げのメイクですが、ファンデや化粧下地などはできるだけ「保湿成分入り」のものにしましょう。

せっかくスキンケアで肌を潤しても、ファンデとお肌がずっと密着していると乾燥しやすくなります。

食事も大事

毎日の食生活も大事です。お肌の乾燥を防ぐ食事には、以下のものがあります。

お肌のターンオーバー(生まれ変わり)を促進

肌のターンオーバーが悪いと、古くなった皮膚が残りやすくなります。古い皮膚は水分を蓄える力が弱く、乾燥しやすいのです。

●ビタミンB群(ビタミンB2とビタミンB6)
●ビタミンA
●ビタミンC

このあたりが、お肌のターンオーバーを整える働きのある栄養素です。

肌のバリア機能を高める

●ビタミンE

ごまやアーモンド、ナッツ類に多く含まれるビタミンEは、お肌のバリア機能を守り、ダメージによって水分が逃げるのを防ぎます。

5.管理人おすすめの、粉吹き予防のスキンケア

わたしも昔から口の周りが乾燥しやすくて、朝起きると粉が吹いて困っていました。

「保湿にはセラミドがよい」ことを知り、セラミド入りの「ヒフミド」という化粧水を使ったところ、メイクを厚塗りしなくても粉吹きがおさまるようになりました。

今までは朝のスキンケアでしっかりお肌を潤しても、ファンデを塗った時から白いボツボツが浮き出てきたり、お化粧ノリも悪く大変でした。

この化粧水をつけた後、いつもの乳液をつけて、いつものリキッドファンデを使ってメイクしました。

すると・・、

口回りが全然カサカサになることなく、お出かけしていてもその状態をキープできるようになりました。

お出かけしても、途中で粉吹きしないのでメイクを厚塗りせずにすんでいます。

はじめは「化粧水一つで、どこまで変わるんだろう?」と半信半疑でしたが、変えたのは化粧水だけ。となると、セラミドの保湿効果があったということです。

ヒフミドを使う前までは、セラミド入りの「キュレル」を使ったのですが、メイクをした後にすぐカサカサするほど乾燥し、結局すぐに辞めました・・


キュレル

ヒフミドもキュレルも「セラミド」入りなのですが、ヒフミドは「ヒト型セラミド」という浸透力の高いものを使っています。

そのあたりの差が、保湿力の差になっているのかな?と思います。


ヒフミド

ヒフミドの使い心地について

今まで使ってきた化粧水は、シャバシャバですぐに液だれしていました。

ヒフミドは軽い”とろみ”があり、お肌に塗ると薄い膜が張ったかのように”しっかりした着け心地”を感じました。

触ってもべたつくほどでなく、お肌に塗っても「突っ張る」ほどのものでもなく、ほどよい使いやすさです。

普段使っている乳液やファンデはそのままでも、化粧水一つ変えるだけで違うものなんだな、と実感しました。

「保湿をいくらしても、粉吹き肌がおさまらない・・」という方であれば、一度こうした化粧水を使ってみることをオススメします。

いきなり買わずに、トライアルで使用感を確かめてみると失敗しませんよ。

ヒフミド トライアルセット >>

PR




おすすめのスキンケア

カテゴリー