AGAになると軟毛になる

AGAになると軟毛になる|ハリやコシのある髪を取り戻すには

AGAになると軟毛になる|ハリやコシのある髪を取り戻すには

 

 

「最近、髪の毛が柔らかくなってきた。これってAGAが進行しているの?」

 

「強い髪を取り戻すには、どういうケアをすれば良いの?」

 

 

髪の毛に元気がなくなって、地肌が透けて見えるようになってきた方へ。

 

 

もともとは猫っ毛でなかったのに、いつのまにか元気のない髪が増えてきた。

 

 

AGAの初期段階ともいえるのが、軟毛化ともいえる現象なのです。

 

 

どうして軟毛化するのか。どうすれば食い止めることができるのか。紹介します。

 

 

軟毛化とAGAの関係

 

 

AGA=男性型脱毛症 です。AGAがはじまると、髪が軟毛になります。

 

 

もう少し、具体的に見ていくことにしましょう。

 

 

髪は1本1本が、ヘアサイクルという周期によってなりたっています。

 

 

AGAになると、髪を生やす毛母細胞がダメージを受け、サイクルがストップしてしまうのです。

 

 

細い毛が、すくすく育って成長する前に、止まってしまうのです。

 

 

成長が止まってしまった髪の割合が増えてくると、軟毛が目立ってくるようになります。

 

 

今まで生えている髪の毛は?

 

 

すでに気で固い毛髪も、当然ながらあるはずです。

 

 

AGAになると、そうした元気な髪がすぐに抜け落ちてしまうのです。

 

 

その結果、全体的に細くて弱い「軟毛」が増えてきてしまいます。

 

 

今の状態が続くと、髪全体のボリュームがなくなるだけでなく、髪の量自体も減ってしまいます。

 

 

医学的に言うと

 

毛髪が細く、フィブリルの数が少ないため、シスチン結合が少なく弾力が無い状態です。

 

 

フィブリルとは、髪の内側にあるコルテックスを構成する組織のことを言います。

 

 

かんぴょう巻きでたとえると、内側のキュウリがコルテックス。

 

 

AGAは"キュウリ"が細く、"ごはん"としっかりくっついていないので、コシがなくふにゃっとした状態です。

 

 

ちなみに、髪のハリは髪の強さや元気さという「強度」をあらわすもの。

 

 

髪のコシは、伸びたり縮んだりする弾力をあらわすものです。コシがないと、見た目のボリューム感が出てきません。

 

 

軟毛を食い止めるには

 

 

ではどうすれば、軟毛を食い止めることができるのでしょうか。

 

 

AGAの原因、DHTが作られないようにブロックすることが必要なのです。

 

 

すでに軟毛してしまったものは、復活することはできません。

 

 

新しく生えてくる髪が、しっかり強く太く成長できる土台を作ってあげるケアが必要です。

 

 

軟毛を硬毛に変えることは、できません。

 

 

だからAGA治療に、半年以上の時間がかかるのです。新しく髪が生えてくるのを、待たなければなりませんから。

 

 

よく育毛剤で、髪を元気にするという広告をみかけますが、今生えている髪は元気になりません。

 

 

育毛剤の成分ほど、あてにならないものはないのです。

 

 

男性ホルモンのDHTを抑える薬を飲まなければ、元気な髪は生えてくるようになりません。

 

 

初期の段階でしたら、皮膚科でプロペシアを飲めば良くなります。

 

 

ただ薄毛で地肌が目立つのであれば、AGAクリニックでしっかり治療を受ける必要があります。

 

 

すでに軟毛になっている毛は、抜け落ちるのを待つしかありません。

 

 

よく、クリニックでの薬を飲むと脱毛したという話を聞きます。

 

 

初期脱毛と言われる症状で、「これ以上生えていても意味がない髪」が単に抜け落ちるだけ。

 

 

AGAが進行したわけではなく、髪の生まれ変わりに必要な環境づくりをしているとお考え下さい。

 

 

薄毛になる仕組み >

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ