薄毛になる仕組みが知りたい|AGAは頭皮がどうなった状態?

薄毛になる仕組みが知りたい|AGAは頭皮がどうなった状態?

薄毛になる仕組みが知りたい|AGAは頭皮がどうなった状態?

「どうして、自分の髪が薄くなるのか、詳しいことが知りたい」

 

「AGAになると、頭皮がどうなるの?どういうケアが効果的なの?」

 

 

男性のほとんどの方が直面する問題、それは「髪が薄くなってきたこと」。

 

 

加齢による生理現象と言えばそれまでなのですが、それでも何とかしたいもの。

 

 

髪が少ないと、自分に自信が持てませんし、気持もふさぎこんでしまいがち。

 

 

どうして薄毛になってしまうのか、そのメカニズムについて詳しく見ていきましょう。

 

 

薄毛がナゼ起こるのか?がわかれば、次に打つ手も見えてくるはずです。

 

 

どうして、薄毛になってしまうのか

 

男性の薄毛の原因は、男性型脱毛AGAであることが明らかになっています。

 

 

AGA治療のガイドラインが公式にあるくらいですから、それだけ一般的に浸透したもの。

 

 

具体的に、AGAになるとはどのような状態なのでしょうか。

 

 

全ては「男性ホルモンと酵素」のしわざによるものです。

 

 

男性ホルモンについて

 

男性ホルモンの中で、もともと私たちの体内に存在するのが「テストステロン」です。

 

 

睾丸で分泌され、副腎からも分泌されるものです。

 

 

男性らしさの元となり、異性を引きつけるフェロモンの一部とも言われるのがテストステロン。

 

 

テストステロンは、AGAを引き起こす一つの原因です。

 

 

テストステロンは20代をピークに、30代から減少すると言われています。なのに、どうしてAGAになる人が増えるのか?

 

 

「量」の問題ではなく、他のものと「くっつく」ことで、別な男性ホルモンができるからなのです。

 

 

酵素とくっつくのが厄介

 

テストステロンは、体内にある「5αリダクターゼ」と呼ばれる「酵素」と合体する性質があります。

 

 

テストステロン+5αリダクターゼ = ジヒドロテストステロン(DHT) が生まれます。

 

 

DHTが直接、AGAの原因になってしまうのです。

 

 

5αリダクターゼにも種類があり、T型とU型があります。U型がAGAの原因になります。

 

 

おもに頭頂部や生えぎわのあたりに「U型」が存在しています。

 

 

だから、てっぺんハゲやM字ハゲといった症状が起きやすいのです。

 

 

どうして、人によって禿げる禿げないがある?

 

ココ、不思議ですよね。

 

 

年齢を重ねるごとに、髪が薄くなる人が増えてきます。その一方で、30代になっても40代になってもフサフサという人もいます。

 

 

この差はいったい、どこにあるのでしょうか?

 

 

「5αリダクターゼの"活性力の高さ"」に違いがあるのです。

 

 

遺伝によって決まる「生まれつき」のものですが、活性力が高いと、テストステロンと合体しやすくなるのです。

 

 

生まれつき活性力が高いと、AGAにかかりやすいということ。

 

 

ならば、AGAになってしまったら、あきらめるしか方法は無いのでしょうか・・

 

 

AGA治療は、5αリダクターゼを抑えるためのもの

 

生まれ持った「差」を埋めるのが、AGAの治療の「キモ」の部分になります。

 

 

薬で抑えることができるのです。

 

 

5αリダクターゼの活動を抑えるのは「フィナステリド」で、アメリカのFDAや日本の厚生労働省がAGAの治療薬として唯一認可した成分です。

 

 

一定の効果が認められるという、国からのお墨付きをもらったものなのです。

 

 

育毛剤や育毛シャンプーでは、いろいろな成分が宣伝されてます。ですが自社メーカーが勝手に研究して、効果があることをあおっているだけです。

 

 

実際に国から認められているわけではありませんし、認可されているものではありません。

 

 

その辺を、うまい表現で濁しているだけに過ぎませんので、こうした商品は買わないことです。

 

 

プロペシアが代表選手

 

フィナステリドという成分を含むものは、飲み薬の「プロペシア」があります。

 

 

AGA治療薬の定番で、名前を一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

 

厚生労働省が認可した成分ということです。だから病院で処方してもらえるのです。

 

 

中には個人輸入で仕入れて服用する人もいますが、体内への悪影響が心配されます。

 

 

やはり、お値段はしても国内の純粋なプロペシアを服用するのが良いのです。

 

 

ジヒドロテストステロン(DHT)の働き

 

DHTが作られると、頭皮にはどのような影響があるのでしょうか。

 

 

髪を生やす毛乳頭の部分に対し、「脱毛せよ」と誤った命令を出してしまうのです。

 

 

その結果、新しい髪が生えにくくなり、今生えている髪は成長がストップします。

 

 

年数がたてばたつほど、頭皮が全体的に「枯れて」しまうから恐ろしいです。

 

 

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ